うねり取り勉強中ブログ

知識や情報より技術を磨くことに目覚めた門前小僧が日々の投資行動を記録してみます。株に関係ないことも書いてゆきます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
自己分析
損失回避が動機付けになっているということを先日のブログで紹介しましたが、考えてみると投資をするまでの人生で、損失を体験する機会は意外と少ないことに気がつきました。

たとえば10万円のテレビを買うときには10万円を損失するのではなく、「10万円」と「テレビの価値」を交換するに過ぎないので、精神的会計上はプラマイゼロです。

パチンコ、競馬、競輪等のギャンブルでの損失金も「楽しんだ時間」という精神的会計で納得している場合が多いのではないでしょうか?

財布を落としたり、詐欺に騙されるなどの、「本当に損失する」という機会は意外に少ないのかもしれません。

そういう体験に未熟だからこそ、初心者は株投資の損切り時には苦痛を伴い、自分で作ったルールを執行できません。挙句に「希望」という名の重たい石を乗っけて塩漬けにしますw

私の場合「損切りは必要経費」という精神的会計で納得し、損失について考えることを避けていました。しかし、損失を、自分の頭の中でどう考えて折り合いをつけるか?という問題について考える事は自分の欲や弱さと対峙する事でもあり、人間の本質を勉強する事に繋がると思うようになりました。

考えたくない事を避けている人は多いですし、過ぎたことを考えるのはマイナス思考かもしれませんが、損失に対する自分の考え方や行動をじっくり分析してみると、意外な盲点やヒントがあったりするかもしれませんよ。

株売買だけではなく、仕事や人間関係にも・・・

【広告】
がんばる投資家の応援サイト トレーダーズショップ
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。