うねり取り勉強中ブログ

知識や情報より技術を磨くことに目覚めた門前小僧が日々の投資行動を記録してみます。株に関係ないことも書いてゆきます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
不変性の失敗
むーみんさんからコメントを頂き、いつも抽象的な内容なので、少しは理論的に戦略とか考えてみようと、「リスク」という本を読み直してみました。
結果として、戦略は練れなかったのですが、今読み返してやっと理解できる事が何点か・・

第16章に「不変性の失敗」という理論がかかれています。
不変性の失敗とは、同一問題の異なる状況下での矛盾した選択の事です。 理解しやすいように、具体的例を本文から引用します。

40ドルで切符を購入したブロードウェイの舞台を今、あなたが見に行く途中を想像する。 劇場に着いたところで、切符をなくしてしまったことに気付く。さて、あなたはもう一枚切符を買うために40ドル出すだろうか。
次に、劇場に着いた時点で切符を買うつもりでいるとしよう。窓口に近づくにつれ、あなたの所持金が家から持って出たと思っていた額より40ドル少ない事に気付いた。それでもあなたは切符を購入するだろうか。
ほとんどの人がもう一枚の切符のために40ドルを出し渋る一方、ほぼ同数の人が、元の40ドルの損失があるにもかかわらず、切符購入のためにもう40ドルを進んで支払う意思があることがわかった。 「リスク」より引用


観劇に80ドルを払うと思うと腹が立ちますが、別の損失で40ドル被った、せっかく劇場まできたんだから観劇しようと思うのは、普通の感情でしょう。

観劇すると80ドルの支出、観劇しなければ40ドルの支出。 会計上は同一でも、状況によって、矛盾した選択をする事を「不変性の失敗」と言い、こういった「精神的会計」と呼ばれる形態をとることが少なくないと書かれています。

これを読んで思い出したのが、

株で儲け続ける「売り方」220の鉄則に出てくる「現物のつなぎ売り」です。 損切りと考えるか、安く買いなおすと考えるか、会計上は同じでも、状況を変えることにより、別の選択を取れるいい例です。

正しい事は、実行する事が困難な場合が多いです。 そんなときに、不変性の失敗を逆に利用して切り抜けるという考え方もあるかな?と思いました。

【広告】
がんばる投資家の応援サイト トレーダーズショップ
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。