うねり取り勉強中ブログ

知識や情報より技術を磨くことに目覚めた門前小僧が日々の投資行動を記録してみます。株に関係ないことも書いてゆきます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
知って得する株の心理学
知って得する株の心理学を読みました。  

いまさらながら勉強になったポイントは、資金の余裕と心の余裕が結果を大きく左右することです。 満玉入れるな!といわれている意味は、

・不慮の事態に備える資金的余地を残す。
・株価や情報に左右されずに当初の計画を実行しやすい。


という二つの面があり、どちらかというと後者の方が重要であるような気がしてきました。

つまり、余裕の無い資金で、短期的な利益を狙って満玉投資すれば、必ずやられる事は想像が付きます。 冷静な判断などは絶対に無理で、冷や汗をかきながら底で売る人、天井で買い戻す人になってしまうわけですね。
つまり、そういった行動をとる、いわゆる鴨から如何にお金を頂戴するかを考えれば、とるべき行動というものが見えてくるのだと思います。

相手が有っての売買で、買う人がいれば売る人もいる。その中で如何に有利に相手に勝つのか?そのための心構えはどうあるべきか?今一度考えてみる良い機会になりました。

どちらかというとファンダメンタル的に優良な株を安値で買い、高値で売る際の心理的な面を解説しているので、罫線についてはあまり肯定的では有りません。
「銘柄を絞った方が情報収集に抜けが無い」といった記述からも、その辺が覗えます。

しかし、得るものが豊富な本であることは確かです。 技術面を読む本ではなく、タイトル通り「心理面」を学ぶ本ですので。

情報についても、付和雷同を戒めており、極端な高値予想が出れば売り、暴落説が出れば買いということを群集心理と過去のデータで解説し、格言も織り交ぜて非常に理解しやすい本です。

人は何故、安値で株を買おうと思っているのに、いざ安値になると買うことが出来ないのでしょうか? 

その辺の人間の心理を知りたい方は是非読んでみてください。



スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
soubadouさん、天女さん、コメントありがとうございます。
相場に手が出ない時は読書に限りますね。
勉強して充電中です。
2006/03/06(月) 23:05:32 | URL | 門前小僧 #nJKr1a.o[ 編集]
こんにちは
ランキングサイト見てたら記事が出ていたので、見にきました。
2006/03/06(月) 18:02:53 | URL | 天女 #-[ 編集]
こんばんわ
またまたこの本持ってます。
ためになりました。
2006/03/05(日) 23:50:05 | URL | soubadou #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。