うねり取り勉強中ブログ

知識や情報より技術を磨くことに目覚めた門前小僧が日々の投資行動を記録してみます。株に関係ないことも書いてゆきます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
農場の法則
「7つの習慣」の著者スティーブン・R・コーヴィーは過去200年間にアメリカで出版された「成功」に関する文献を調査したそうです。 その結果、驚くべきことに、最近の50年間の文献はその場しのぎの表面的で薄っぺらなものに過ぎないということだったそうです。

成功するためのイメージの作り方、テクニック、あるいは応急処置的な手法を説明しているだけだったと。 著者はこれを「個人主義」と呼んでおり、始めの150年は「人格主義」と呼んでいます。

50年というとテレビが普及開始した時期ではないかと思います。今はインターネットや携帯あらゆるメディアによる情報の洪水です。 その中で成功したいという願望(基本的に誰でもでしょうが)に向けて近道に見せかけた商品がなんと多いことか。 コーヴィーはこの手の商品も含めて言っているのではないかと思いました。

たとえば、
「10日で?Kgやせた脅威の**法」というダイエットや、
「半年で一億儲かるらくちん**法」という投資法
「パソコンで年収***万円」もありますね。
誰でもつい手を出したくなります。私も勿論そうで、痛い目にあわないと学習しないのが凡人なのです。

この手の近道本も「毎日続けるのがコツです。」と健康クリニックの先生のみたいな言葉で結んでいると、なるほど嘘は書いていないんですよね。(中にはタイトルは派手だけど内容はしっかりしているものもあります。あしからず)

どこかで、必ず気がつくハズです。コツコツしかないんだと。。

コーヴィーは書いています。*1
農場で場当たり的な詰め込み主義で作業することの愚かさを考えたことがあるだろうか、春に種蒔きをわすれ、夏は遊び惚けて、秋になってから収穫を得るために必死になって頑張る・・・農場は自然のシステムである。必要な務めをはたし、作業を行わなければならない。 蒔いたものしか刈り取ることは出来ない。そこに近道は無い。(農場の法則)

(私も含め)刈り取ることしか考えていない人がいかに多いか。 この法則は株売買や、あらゆることに当てはまると思います。 コツコツと修行するしかありません。 結局は継続は力なり、急がば回れの大切さを説いているのだと思います。

「生徒の準備が出来たときに先生は現れる*2」と本にも書いてありますが、良く耳にする格言は聞く側が受け止めるまでは通り過ぎてゆくものだと最近良く感じます。 「急がば回れ」なんて、何度も何度も耳にしてわかったつもりでいながらわかっていない人が私を含めてとても多いです。

どんなことにも近道は無いと改めて勉強しました。


出展
*1
7つの習慣より
*2
普通の人がこうして億万長者になった一代で富を築いた人々の人生の知恵より
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。