うねり取り勉強中ブログ

知識や情報より技術を磨くことに目覚めた門前小僧が日々の投資行動を記録してみます。株に関係ないことも書いてゆきます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
経営者と芸術家
船井幸雄さんの本を読んでいて「なるほど」と思ったことを、忘れないよう書いておきます。

経営者は、あらゆる事象をつかんで、それらをまとめて方向づけしなければなりません。
芸術家は、その逆に、小さなことに注意を集中し、それを拡大して真や善や美を追求するのが本来の仕事です。
(略)
ところで、話はかわりますが、経営者が思い悩むと「頭髪を短くしなさい。出来ればバリカンで丸坊主にしなさい」とよくアドバイスをしてきました。私のいうことを聞き、頭髪を短くされますと、アタマの血のめぐりが早くなるのか、たいていの経営者はいろいろなことを大きくつかみ、経営者として正しい方向が見えてきたようです。
上手にピンチをのりきられました。そのかわりに、その経営者は芸術的な趣味から一時期、遠ざかれます。

こういう経験を何百回もしてきました。ところで、ある日、経営者には禿げた人が多くいますが、芸術家や小説家はみなさんがふさふさした頭髪を持っていることに気づきました。例外はほんの少しです。



最終的には、これからの時代はAorB ではなくA&Bでなくてはならない。つまり、経営者でも芸術的センスも必要です。ということが書いてあったのですが、そういえば芸術家や小説家って髪の毛ぼさぼさでふさふさな人がおおいなぁと感心しました。

物事の見方も、経営者と芸術家では対極にあるんでしょうかね。学者といわれる人は芸術家グループで、政治家は経営者グループかな。

投資の方法も色々ですが、芸術家タイプと経営者タイプでは得意とする方法が異なるのかもしれませんね。。

【広告】
がんばる投資家の応援サイト トレーダーズショップ


スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。