うねり取り勉強中ブログ

知識や情報より技術を磨くことに目覚めた門前小僧が日々の投資行動を記録してみます。株に関係ないことも書いてゆきます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
持ち株会
大抵の企業では「持ち株会」と称しで、毎月自分の会社の持ち株を買う制度があります。 自ら株主になり、仕事を頑張って業績を上げることにより会社も繁栄し、連動して持ち株も上昇し資産も増えるという一見いい制度があります。 

けれど、リスクヘッジという側面で考えると良いときは相乗効果で給与も資産も増えますが、悪いときは両方とも目減りしだします。

高度成長期であれば成り立つ制度でしょうけど、現在のように変動が激しく、一瞬にして競業他社に水をあけられるような事態が考えられるときは、むしろ「売り株会」のような制度のほうが良心的かもしれません。

背任的考えかもしれませんが、個人の資産の管理ですから今一度自分の会社の将来性を見極めて参加するかを考えたほうが良いかもしれません。

特に成長期を過ぎ、成熟した会社では要注意だと思います。

株式売買を少しやってみるとこういったリスクに対する考えや、自分の会社を客観的に評価するような視点で見れるのもメリットの一つだと思います。 

もっと広い視点で考えると、日本株や国債、円預金だけに偏るのもリスク的には高いのかも知れません。 沢山資産がある人は外貨や外国の国債などに分散させてリスクに備えているのでしょうね。。

【広告】
がんばる投資家の応援サイト トレーダーズショップ
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。