うねり取り勉強中ブログ

知識や情報より技術を磨くことに目覚めた門前小僧が日々の投資行動を記録してみます。株に関係ないことも書いてゆきます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
少欲知足
売ってから株価が上昇すると「もう少し待ってから売れば良かった。」と後悔をするのが人情というものです。 さらに、高騰を続けると後悔も比例して増え、どこかで堪えきれなくなり返済買いをする。すると、あざ笑うかのように今度は株価は下がるものです。

この辺の投資家の心理に株価が連動する仕組みは投資苑に詳しく書いてあります。

試しを入れて、反対に動いたから損切りする.....A
何とか波に乗ったが仕切りが下手で利益が減りトントンで終わる.....B
手数料を引いても少しだけ利益を得る....C
底で買って天井で売り最大の利益を得る....D

AよりもB、BよりもCと欲が上を目指しますが、Dを考えるようなところに来たら既に欲に負ける罠にはまりかけていると警戒しなくてはいけません。

多欲の人は、求める利も大きいから苦労も多い。少欲の人は求めること無く欲することも無いから、煩いも無い。 (少欲知足)

欲を抑え心静かに暮らすことの幸福を感じるべきで、欲の罠にはまらない近寄らないというのが賢者の道という気がします。

欲からスタートした相場ですが、その相場から「秘訣は欲を無くすことだ」と悟られているようです。

【広告】
がんばる投資家の応援サイト トレーダーズショップ
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。