うねり取り勉強中ブログ

知識や情報より技術を磨くことに目覚めた門前小僧が日々の投資行動を記録してみます。株に関係ないことも書いてゆきます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
群集心理
人は集団で行動すると個人レベルでの思考力は低下します。
さらに、周りの人と同じ行動をしている安心感で、危険に対する感度も鈍ります。

自分だけは大丈夫と思っていても、なかなか難しいという体験談を。。

いつもは単独か2,3人で山に行きますが、交通費の安さにひかれて、一度だけ団体のトレッキングツアーに参加したことがあります。 東北の山だったのですが、その時には危機管理が薄れて、何か特別な受身的な感覚になることを体験しました。

たとえば、

・地図はあまり見ないし、コースタイムも確認しない。
・目的ポイントまでどれくらいかも気にしない。


思考していない自分を発見します。 むしろ「いつまで歩けばつくのかな?」とか「今度の見所はなに?」みたいに。。   

なかにはツアー会社の至らないところばかり指摘して「もうこの会社のツアーには申し込まないわよ」と言っている大名旅行みたいな人も居ました。 

こんなことを体験すると、何十人もの登山グループが道を間違えて一晩ビバークしたニュースとかも記憶に新しいですが、他人事では無いように思えてきます。

お金を払って参加しているのだから、受身になってもいいじゃないか、、そうですよね。
けれど、自分の身を守るのは最後は自分だけです。危険に対する感度を下げるのは問題ですね。

さて、これは山だけの話でしょうか?相場でも同じではないでしょうか?

リーダーの相場観だけで団体行動することの危険を個人は認識しているのでしょうか?

「会費払っているから、儲けさせてもらいましょう」 という受身的な姿勢になったり、
「危機管理は任せましたから」という他人任せになる心理を、仕手筋は上手く利用しているのかもしれませんね。

大自然の中での自分という関係と同じく、相場と自分が真っ向から対峙することが何よりの訓練だと思いました。 だから、私は山でも相場でも群れることを避けているのかもしれません。頼りたい心があっても・・・

【広告】
がんばる投資家の応援サイト トレーダーズショップ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。