うねり取り勉強中ブログ

知識や情報より技術を磨くことに目覚めた門前小僧が日々の投資行動を記録してみます。株に関係ないことも書いてゆきます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
鏡の法則を読みました



きっこの日記の次に売れている鏡の法則を読みました。 帯に書いてあるとおり号泣。。

電車では読まないほうがいいと思います。
スポンサーサイト
本当の大人になろう
朝刊の社会面には山形名物芋煮会で賑わう河原に検問のパトカーが来たという囲み記事。
呼気のアルコール濃度をチェックされて、代行を頼んだ人が居るとか、、

飲酒運転をする人は、どこまで考えているんでしょうか?
運転を誤って人を傷つけるという事態を本当に受け入れる覚悟が出来ているのでしょうか? 保険に入っているから大丈夫? 人を傷つけたり殺した自分を受け入れる覚悟が有りますか?
有るならどうぞ、飲んで運転してください。

お酒を飲んだら、そんな冷静に考えられないと言い訳する人も居るでしょう。 それならなおさら、飲むときには車で行くべきではないですね。
そういう最悪の事態まで考えて、自らの行動を律するのが本当の大人なんじゃないかな?と生意気にも思います。


本当の大人とは自分の行動に責任が取れる覚悟を持っている人ではないでしょうか? 人のせいにしたり、社会や政治のせいにして自分は悪くないと言張るのは大人になりきれていないと思います。
自分に起きた事はすべて自分が原因であるとして受け止める事が出来る人、いや、受け止めようと努力する人。それが大人ですよね。

そういった成熟した大人の社会ならば、規則も罰則も要らないはずでしょうね。
札幌農学校の校則は唯一、クラーク博士の言葉「Be Gentleman(紳士たれ)」だけであるのは有名な話です。


株をやっていて、最初は騰がる下がるの原因を追求したくなる気持ちに振り回されました。 経済評論家が悪い、小泉さんが悪いとか、アメリカが悪い、とか考えたころもありましたね。
でも、上下する原因を追求することは徒労に終わる事に気が付いて初めてスタートなんですよね。 自分が間違っていたと気がつき、すべてを受け入れる覚悟を決めた時、そこからが自分との闘い、終わりの無い修行の始まりですね。

朝刊の天野祐吉さんのコラムにも、本当の大人が少なくなってきたと嘆いていました。 青少年の手本となるような本当の大人になる努力を始めましょう!

【広告】
がんばる投資家の応援サイト トレーダーズショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。