うねり取り勉強中ブログ

知識や情報より技術を磨くことに目覚めた門前小僧が日々の投資行動を記録してみます。株に関係ないことも書いてゆきます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
不変性の失敗
むーみんさんからコメントを頂き、いつも抽象的な内容なので、少しは理論的に戦略とか考えてみようと、「リスク」という本を読み直してみました。
結果として、戦略は練れなかったのですが、今読み返してやっと理解できる事が何点か・・

第16章に「不変性の失敗」という理論がかかれています。
不変性の失敗とは、同一問題の異なる状況下での矛盾した選択の事です。 理解しやすいように、具体的例を本文から引用します。

40ドルで切符を購入したブロードウェイの舞台を今、あなたが見に行く途中を想像する。 劇場に着いたところで、切符をなくしてしまったことに気付く。さて、あなたはもう一枚切符を買うために40ドル出すだろうか。
次に、劇場に着いた時点で切符を買うつもりでいるとしよう。窓口に近づくにつれ、あなたの所持金が家から持って出たと思っていた額より40ドル少ない事に気付いた。それでもあなたは切符を購入するだろうか。
ほとんどの人がもう一枚の切符のために40ドルを出し渋る一方、ほぼ同数の人が、元の40ドルの損失があるにもかかわらず、切符購入のためにもう40ドルを進んで支払う意思があることがわかった。 「リスク」より引用


観劇に80ドルを払うと思うと腹が立ちますが、別の損失で40ドル被った、せっかく劇場まできたんだから観劇しようと思うのは、普通の感情でしょう。

観劇すると80ドルの支出、観劇しなければ40ドルの支出。 会計上は同一でも、状況によって、矛盾した選択をする事を「不変性の失敗」と言い、こういった「精神的会計」と呼ばれる形態をとることが少なくないと書かれています。

これを読んで思い出したのが、

株で儲け続ける「売り方」220の鉄則に出てくる「現物のつなぎ売り」です。 損切りと考えるか、安く買いなおすと考えるか、会計上は同じでも、状況を変えることにより、別の選択を取れるいい例です。

正しい事は、実行する事が困難な場合が多いです。 そんなときに、不変性の失敗を逆に利用して切り抜けるという考え方もあるかな?と思いました。

【広告】
がんばる投資家の応援サイト トレーダーズショップ
スポンサーサイト
事実は利益にならない
また、「デイトレード」の本からです。

「事実は利益にならない」ということが、所々に書いてあり、株価が騰がる原因や下がる原因を、追求してはいけないと諭しています。 特にポジションを持った状態で、「何故」を追求することは危険。 

戦いの場で必要なのは「行動」で「疑問」ではない、と言い切っています。

私が大きくやられた時を思い出します。 自分で色々と勉強して、経済がわかったつもりになって、「下がるはずだ」と確信をもち空売りを仕掛け、踏まれても「騰がる株価が間違いだ」と頑張っていた頃。 今思い出すと、本当に馬鹿でした。

何が起きているか?の真実なんて、結局はわからないし、どうでもいいということでしょう。 それよりも、起きたことが人々にどう影響するか?が重要ですね。


人気絶頂期の倖田 來未さん。 群集が買いたがっているときに、せっせとCDを出して売り、ベスト版を出して売り、先々のTV出演や公演も契約して売り切るのが賢い戦略でしょう。




何故CDが売れるのか?何故人気が有るのか?なんて、疑問に思っても仕方ないです。 天井つける前に売り切らなければ。。 空売りできたら、私も売りたい(笑)

【広告】
がんばる投資家の応援サイト トレーダーズショップ

知って得する株の心理学
知って得する株の心理学を読みました。  

いまさらながら勉強になったポイントは、資金の余裕と心の余裕が結果を大きく左右することです。 満玉入れるな!といわれている意味は、

・不慮の事態に備える資金的余地を残す。
・株価や情報に左右されずに当初の計画を実行しやすい。


という二つの面があり、どちらかというと後者の方が重要であるような気がしてきました。

つまり、余裕の無い資金で、短期的な利益を狙って満玉投資すれば、必ずやられる事は想像が付きます。 冷静な判断などは絶対に無理で、冷や汗をかきながら底で売る人、天井で買い戻す人になってしまうわけですね。
つまり、そういった行動をとる、いわゆる鴨から如何にお金を頂戴するかを考えれば、とるべき行動というものが見えてくるのだと思います。

相手が有っての売買で、買う人がいれば売る人もいる。その中で如何に有利に相手に勝つのか?そのための心構えはどうあるべきか?今一度考えてみる良い機会になりました。

どちらかというとファンダメンタル的に優良な株を安値で買い、高値で売る際の心理的な面を解説しているので、罫線についてはあまり肯定的では有りません。
「銘柄を絞った方が情報収集に抜けが無い」といった記述からも、その辺が覗えます。

しかし、得るものが豊富な本であることは確かです。 技術面を読む本ではなく、タイトル通り「心理面」を学ぶ本ですので。

情報についても、付和雷同を戒めており、極端な高値予想が出れば売り、暴落説が出れば買いということを群集心理と過去のデータで解説し、格言も織り交ぜて非常に理解しやすい本です。

人は何故、安値で株を買おうと思っているのに、いざ安値になると買うことが出来ないのでしょうか? 

その辺の人間の心理を知りたい方は是非読んでみてください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。