うねり取り勉強中ブログ

知識や情報より技術を磨くことに目覚めた門前小僧が日々の投資行動を記録してみます。株に関係ないことも書いてゆきます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
220の鉄則



スーパー株式道で推薦している株で儲け続ける「売り方」220の鉄則を読みました。 

タイトルが派手なのですが、中身はしっかりした本で、「買い」ではなく「売り」を扱った貴重な本です。 そして、この本の中心とも言える「現物のつなぎ売り」を読んだ時は、なるほど!と感心しましたね。
パラダイム転換というか、こういうものの見方や考え方って重要ですね。

簡単に言うと「現物を買って下がりだしたので損切り。 安値でまた買う」ことなのですが、そう書いてしまうと身も蓋もないです(笑)

これを、「現物を買って下がりだしたら、一旦売って下がりきったところで買いなおすコストダウン」という考えを元に、損切りの実行を容易にする考え方ともいえます。

誰でも見込み違いでの損切は辛いもので、負けを認めたくないからこそ塩漬けにする人も多いです。 安く買いなおすために一旦売るという考え方が、売りの執行を容易にするのでしょう。
ともかく、株を買ったことは有るが、いまだ売ったことは一度もないという株のコレクターにはお薦めの本です。

また、上手に売買しようと思うと慎重になりすぎるのでよくない。気楽にもっと売買し、相場に慣れるべき。というところは、確かにそうの通りと一人うなずき、反省しました。

その他、「勝ち組みに入るための93の心得」の中にも為になる事が多く含まれています。 紙に書いてトイレのドアに貼っておきたい位です。

【広告】
がんばる投資家の応援サイト トレーダーズショップ

スポンサーサイト
千円札は拾うな
「千円札は拾うな」を読みました。
アッという間に読み終えるほどの内容で、そこらのビジネス書の類でしたが、為になった所だけ紹介します。

・変化することが成長であり、その為にはあらゆるものを捨てる能力が必要。特に自分が持っている常識や固定観念。

・さらに、自分で選んだ服は棄てろ!人に選んでもらえ!と説いています。 自分の価値観も疑ってみたほうが良いということでしょう。

・合理的な事は一見価値があるように思えるが、実は非合理的な無駄と思われるところに価値はある。アメリカの食生活を見ればわかるように、効率を追求すると粗末なことになる。 美、粋の追求って実はアメリカより日本が格段に上でしょう。

・恋人は彼女のいる男から選べ。 略奪をそそのかしているわけではなく、彼女のいないような男は問題外。 彼女のいる男10人に唾をつけておけば、半年もすれば半分はフリーになってチャンスが訪れるそうです。

なるほど!バフェット流の投資テクニック。本質的に優良なところに投資しておけばいずれ潮時がくればリターンが期待できるということですね。


【広告】
がんばる投資家の応援サイト トレーダーズショップ

うねりの周波数
株価は上がりすぎると下がりだします。 下がると底まで行って今度はまた騰がってきます。 それを繰り返すから波の様にうねるのですが、その上下の幅ではなく、横軸の時間、たとえば天井から次の天井までの一周期の時間は何から来るのでしょうか?

物理的に言えば「その系が持っている時定数で周期(周波数)が決まる。」ということになります。 物理や数学の世界ではあたりまえのことでしょうけど、嫌いな方には馴染みのない単語になってしまうので、わかりやすい例を挙げます。
経営者と芸術家
船井幸雄さんの本を読んでいて「なるほど」と思ったことを、忘れないよう書いておきます。

経営者は、あらゆる事象をつかんで、それらをまとめて方向づけしなければなりません。
芸術家は、その逆に、小さなことに注意を集中し、それを拡大して真や善や美を追求するのが本来の仕事です。
(略)
ところで、話はかわりますが、経営者が思い悩むと「頭髪を短くしなさい。出来ればバリカンで丸坊主にしなさい」とよくアドバイスをしてきました。私のいうことを聞き、頭髪を短くされますと、アタマの血のめぐりが早くなるのか、たいていの経営者はいろいろなことを大きくつかみ、経営者として正しい方向が見えてきたようです。
上手にピンチをのりきられました。そのかわりに、その経営者は芸術的な趣味から一時期、遠ざかれます。

こういう経験を何百回もしてきました。ところで、ある日、経営者には禿げた人が多くいますが、芸術家や小説家はみなさんがふさふさした頭髪を持っていることに気づきました。例外はほんの少しです。



最終的には、これからの時代はAorB ではなくA&Bでなくてはならない。つまり、経営者でも芸術的センスも必要です。ということが書いてあったのですが、そういえば芸術家や小説家って髪の毛ぼさぼさでふさふさな人がおおいなぁと感心しました。

物事の見方も、経営者と芸術家では対極にあるんでしょうかね。学者といわれる人は芸術家グループで、政治家は経営者グループかな。

投資の方法も色々ですが、芸術家タイプと経営者タイプでは得意とする方法が異なるのかもしれませんね。。

【広告】
がんばる投資家の応援サイト トレーダーズショップ


旦那道(粋とは?)
竹田和平さんの本強運学の後半は、いかに「粋」に生きるか?という美学を説いています。  

最近は地域社会に「旦那」という太っ腹のスポンサーが少なくなったことを嘆いています。 たとえば、お祭の時に、町内の子供達全員の法被を調達したり、困っている人を助けたり・・こうやって社会に還元するとお金が喜んでまた入ってくるようです。
確かに、そんな景気の良い旦那さんは見かけませんね。 昔はいたんでしょうけど。

また、竹田さんは年金の受給を拒んでいるそうです。 お金持ちだから必要ないらしく、代わりに「年金辞退バッジ」を作って欲しいとのこと。 お金より名誉を重んじる粋な考え方です。 

勿論、常日頃から領収書ももらわない=経費で落とすなんてせこいことをしないらしいです。こういった心意気が「粋」というものでしょう。

器の大きい人間の、余裕ある振る舞いは優雅さを感じます。 派手な外車に乗ったり、高い装飾品を身に付けて自慢しているのは野暮というものです。

【広告】
がんばる投資家の応援サイト トレーダーズショップ


気分を変えよう!
やはり駄目でしたね。 このところ失敗が続いていますが、落ち込んでいたって仕方ないので、明るく、楽しく過ごすことを心掛けて行きたいと思います。
というのも、うまく行かない時は、いろいろと人のせいにしたくなったり、人に優しく接することが難しくなったりするのが人間というものだと思います。

そうなると悪い循環に入って、運が逃げるから気をつけなければ。

竹田和平さんの「強運学」という本を読んでいますが、色々と苦労したんですね。 
御多分に漏れず、ギャンブル的な投機から足を洗うまでに10年かかったそうで、こういった経験があるので今の100億を超える資産と豊かな人格が築けたのだと思います。

また、全般ににじみ出ている竹田さんの考えで共感したのは、

・基本的には人間というものは利己的であり、それを否定していない。
・成功は運であり、運は日頃の行動や考え方で開ける。
・決して自分の実力で世の中を変えようとか、人の心を変えようとは思っていない。

強運学というタイトルですが、特に占いや宗教的でもなく、「自分の欲をわきまえ謙虚な考え方が結果を生む」ということを立証している本です。

逆にいうと、技術的にすぐれていたり、資本力があっても「自分の力で何とかなる」という驕りは運を落とす事を意味しています。 どこの世界でも「教祖」と呼ばれ壇上にたった人の末路は説明するまでもありません。
プロの世界は、実力がつけばつくほど謙虚になるといいますからね。

この本を読んで、改めて進むべき道がはっきりしました。


【広告】
がんばる投資家の応援サイト トレーダーズショップ

うねり取り入門



このところ林先生の本を読み返していますが、昨日は「うねり取り入門」を読み返しました。

この本はゴシさんが「ド素人にはこの本をお勧めしない」とあるように、最初に読んだ時は「ほう、こんなに簡単で儲かる方法があるんだ!」と思ったものでした。

ところが、そうは問屋が卸さない。。うねり取りで利益を出すのも難しいし、簡単な方法を続けることも難しい。 ということで、確かに難しいと思われるこの本に付いて、ブログに書くのは、実は初めてです。

うねり取りとは「単純なやり方」なので、その技法について沢山の解説が書いてあるわけではなく、どちらかというと素人が陥りやすい考え違いを具体例で示してある本のようです。

今回読み返して、今の自分に参考になると思ったところは、

・資金の90%は残している「小豆相場の基本」のT氏。立花さんも建てても半分(50%)
・売ってから少しでも高値があると「しまった」と言う。その「しまった」を言わないようにならなければ、絶対に株式投資で成功する投資家にはなれない。
・鏑木先生曰く「小豆で何億も残した人たちに会って共通することは、売買の数量の少ないことですよ」
・プロでも一年の半分は休んでいる。

満玉張るな、天底狙うな、休みを入れろ

という「簡単だけど、出来ないこと」の重要性を改めて考えさせられました。

こんな読み方だから、まだ「素人」なのでしょうけど、また、何年か経って読み返すのが楽しみな本でもあります。

【広告】
がんばる投資家の応援サイト トレーダーズショップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。