うねり取り勉強中ブログ

知識や情報より技術を磨くことに目覚めた門前小僧が日々の投資行動を記録してみます。株に関係ないことも書いてゆきます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
読書して計算して一日が終わります
前に読んだ本をもう一度読み返しています。 今日読んだのは2004年5月に購入して読んだ

「定本酒田罫線法」

繰り返し読んで理解しようと思っていましたが、もう2年近く経ってしまうわけで、ホコリかぶってました^^;

改めて読むと、忘れかけている事や新たな発見が見つかりますし、当時では理解できなかったところも有ったハズ!と、無理やり思って成長したんだという気分に浸りました(笑)

それで、酒田新値の数え方を実際に訓練しようと、最近の監視銘柄の一年分の場帖をつけて計算してみました。 実際にやると、何度も数え方を間違えたり、わからなくなったりと、その都度本を読み返して、また計算。。

いつもは終値のみの場帖ですので、それほど暗算しなくて済むのですが、4本値だと頭がオーバーヒート!百マス計算よりボケ防止に良いかも(笑)

これから時間を作って、他の林先生の本も読み返してみようと思っています。

【広告】
がんばる投資家の応援サイト トレーダーズショップ
スポンサーサイト
見えないものを信じる心
このところ鏑木繁さんの本を読み、その関連で船井総研の船井幸雄さんの本も何冊か読んでみました。 そんな直後に起きたLDの件で、やはり、「この世の中には、科学では説明できないことは存在するんだなぁ」とつくづく思いました。 

「人の心もお金で買える」とか言及する時点で天井を打ったんですね。慢心が運を使い尽くしたんでしょう。
論理的に考えた戦略だけでは生き残れないと考えたほうがよく、自分ではどうにもならない事も沢山ある。 説明できないことだってこの世の中には沢山有るじゃないですか?だから謙虚にならなければいけない。そのように考えると禍も小さかったかもしれません。

ホリエモンにプレゼントしたい本より引用します。

目に見えない相場の仕組み 鏑木繁著 P30

踊って入ってきたお金は踊って出ていく。ただ出ていくだけではなく、その人の持っている、いい運勢まで持ってゆく。これは相場の儲けと同じで、相場の儲けは損する時に三倍持っていかれる。いわば世の中の仕組みである。『勢い使い尽くすべからず。福、受け尽くすべからず。』禍必ず至る。

水に落ちた犬ですから、七十五日間は叩かれつづけるでしょう、けれど、これも修行の一つと考えて乗り切ってほしいですね。

なんて、偉そうなことを書いている自分も、この本に書いてある「二億円の当たり籤を被災地に送った人は、何故宝くじを買ったのか?」という謎がまだ解けません。

【広告】
がんばる投資家の応援サイト トレーダーズショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。